内容は、顔文字を多く取り入れると相手に対し印象が良い

片思いの相手とメールをするとき、より相手に異性として意識してもらうために、可愛らしくメールを飾ることが大切です。

しかし、あまりハートマークなどのあからさまな絵文字を多用したり、きらびやかすぎる内容にするのは逆効果。
軽い性格に見られてしまい、相手が引いてしまう恐れがあります。絵文字よりは顔文字の方を使うようにしましょう。

顔文字は女性も男性もよく使用するので親近感がわきやすく、しかも絵文字よりも表情が豊かなものが多いので、あなたの気持ちをより明確に表現することができます。
使うときには何でも良いわけではなく、やはり異性ということを認識してもらえる可愛らしい顔文字が効果的。インターネットなどで個性的な顔文字を探してみましょう。

恋に悩んでいる方へ。
どうすれば恋愛を成就させることが出来るのか…テクニックを教えます!
↓詳しくはコチラから↓

さっそく占ってみる

質問する際は相手の趣味に沿った内容にすると良い

メールをやりとりしているうちに話題がなくなってきたら、相手が喜びそうな内容を送るように心がけましょう。
相手の趣味を事前に把握しておき、その趣味に沿って質問形式でメールすることが重要です。

たとえば音楽が好きな相手なら「最近気持ちが落ち込み気味だから、元気が出る曲はないか」、釣りが好きな相手なら「やってみたいけど、どこでどんな魚が釣れるのか」など、
自分のことを絡めた上で相手が具体的に答えやすい質問にしましょう。

質問形式にすることでメールが長く続き、しかも好きな話なら返信しやすいため、相手の負担にならずに楽しくお話することができます。
しかも話しているうちに、一緒にやってみようという流れにも持っていけるかもしれません。

恋愛専門のプロの占い師が、初回無料であなたの恋を成功に導きます!
↓詳しくは下のボタンから↓

初回無料で占う