頻度の前に、相手はメール自体を重視していないかもしれない

片思いの相手にメールを送るときにまず頭に入れておきたいのが、相手はあなたほどメールを重視していないかもしれない、という点です。
おしゃべりが好きで、かつ恋愛が生活の中心になってきやすい女性と違い、話すことそのものが苦手だったり、仕事や仲間との付き合いが大事だったりするというのが男性に多い傾向です。

一生懸命あなたがメールを送っても返信がないといって落ち込むことはありません。
あなたが嫌だというわけではなく、メールそのものに関心が薄いのです。

そんな相手に「なんで返信くれないの?」という内容のメールを送ることは逆効果。重い相手だと思われてしまいます。
返信がくればラッキーくらいの軽い気持ちで、気長に待つようにしましょう。

恋に悩んでいる方へ。
どうすれば恋愛を成就させることが出来るのか…テクニックを教えます!
↓詳しくはコチラから↓

さっそく占ってみる

自分からのメールは多くても週2日くらいの頻度で

好きな相手とたくさんメールしたい気持ちはわかりますが、毎日毎日1時間毎にメールを送ってしまうようでは、相手は縛られているような気がして疲れてしまいます。
自分の気持ちを一方的に押し付けないようにしましょう。

特に片思いの相手には駆け引きが重要。時々メールを送るくらいでちょうど良く、その頻度は週に1~2日くらいメールでの会話を楽しむという程度にしてください。
また、返信が来ていないのに別の内容のメールを送る、というのもNGです。

相手はどのメールに返信したのかわからなくなってしまいますし、下手したらメールそのものが面倒になってしまう恐れもあります。
相手の都合も考えつつ、効果的な内容のメールを送るようにしてください。

恋愛専門のプロの占い師が、初回無料であなたの恋を成功に導きます!
↓詳しくは下のボタンから↓

初回無料で占う