頻度は、こちらから用事がない限りは週1日で抑えておく

別れた相手とまたメールのやりとりができる仲になったからといって、喜んで毎日のようにメールを送ることのないようにしてください。
あくまでも二人の関係は今は「元」恋人です。節度を守ることが、相手にも好印象を与えるでしょう。

あまり頻繁にメールを送らず、頻度としては週に1回くらいが妥当です。
もちろん相手からメールが来た場合には内容が途切れるまで返信して大丈夫ですが、こちらからはあまり送らないようにすることが、メールを長く続けるコツです。

あなたの復縁のお悩み、お聞きいたします。
↓詳しくはコチラへ↓

悩みを打ち明ける

メール頻度よりも、相手もギクシャクしている事を知る

最初に覚えておきたいのが、あなただけでなく相手も緊張しているということ。
別れた手前、どういう態度を取ったらいいのかわからないということもありますので、返信がなかったり冷たい対応だったとしても怒ったり心配する必要はありません。

あまりメールの内容や頻度に固執せず、焦らないで大らかな気持ちでメールをするようにしましょう。
時間をかけて回数を重ねていくうちに、次第にお互いの硬さが取れ、以前のようにスムーズな会話ができるようになるはずです。

頻繁にメールするよりはメリハリを付ける事

相手の心に残るメールをするコツとして、しょっちゅうメールを送るよりもポイントを押さえた内容を送るという方法があります。
たとえば3日に1回どうということのない内容のメールが来るよりは、
2週間に1回「仕事で成功したんだって?おめでとう」という内容のメールをもらった方がインパクトもあり、好印象を持ってもらえるはず。

なるべく相手のことを気遣った内容なら更に好感度が上がります。うまくメリハリをつけて、相手の心に響くメールを送りましょう。

恋で辛い思いをしている方へ。是非とも一度ご相談ください。
↓詳しくはコチラへ↓

復縁相談をする