内容については、復縁を匂わせるようなメールは書かないように

いくら復縁したいからと言って、せっかく友人としてうまく行きはじめたところに「そろそろよりを戻さない?」「一人はやっぱり寂しい」といった内容のメールを送ってはダメです。
復縁はあくまであなたの内に秘めている目的。メールにその目的を滲ませるような内容を書いては、相手が引いてしまうかもしれません。

ガツガツしていると思われないよう、自然な姿を見せていてください。
メールを通じて良い関係を築ければ、そのうちに相手のほうから復縁のお誘いがあるかもしれません。

あなたの復縁のお悩み、お聞きいたします。
↓詳しくはコチラへ↓

悩みを打ち明ける

過去の思い出話の内容などは自分から持ち出さない

恋人だった頃にはじめてデートした場所や楽しかった話をして、相手の気持ちを復縁に持っていきたいと考える人も多いでしょう。
しかしそれは逆効果。相手にその気がないのに過去の話をしても、「何が言いたいんだろう」と変に勘ぐられてしまいます。

あなたの「復縁したい」という気持ちを相手に悟られないように注意しましょう。
もちろん向こうの方から過去の思い出話をされたときには、ぜひ一緒に盛り上がってください。

気を引くような駆け引きは避ける

復縁に対して相手が前向きなのかどうかを判断するために、相手を試すような方法は絶対にやめましょう。
「他の人に好きって言われた」「気になる人がいる」などと駆け引きをしてみても、相手の気持ちが完全にあなたに向いていない限り、効果がないばかりか悪印象さえ与えてしまいかねません。

素直な気持ちで相手に接し、誠意を尽くしたメールをするように心がけましょう。
時間がかかるかもしれませんが、その方が確実に相手はあなたの魅力を再認識してくれるはずです。

恋で辛い思いをしている方へ。是非とも一度ご相談ください。
↓詳しくはコチラへ↓

復縁相談をする