»
»
冷却期間はどのくらい置くべき?

冷却期間の目安は半年前後か、長くて1年くらいが目安

恋人と一度別れて復縁を考えている人も、焦ってはいけません。
一刻も早くよりを戻したいと思うでしょうが、お互いを見つめ直すためにも冷却期間は必要な時間なのです。

その期間は、別れた理由にもよりますが、半年前後くらいが妥当でしょう。
その間に自分磨きをしておいてください。浮気や暴力などあまりにも理由がひどい場合には、1年ほど期間を取りましょう。
長い時間がお互いの気持ちを冷静にし、辛い感情を水に流して、復縁成功へと導いてくれます。

復縁のお悩み、ご相談ください。
↓詳しくはコチラへ↓

復縁方法を知る

用がない限り冷却期間中はこちらから連絡はとらない

直接会わなくてもしょっちゅうメールを送ったり連絡を取ったりするようでは、冷却期間の意味がありません。
もちろん相手からメールが来た場合には返信することは構いませんが、あなたからは用事がない限りは送らないようにしましょう。

距離を置くことであなた自身が客観的になって相手のことをもう一度考え直すことができるはずです。
また、あなたから連絡が来ないということで、相手の気持ちをやきもきさせる狙いもあります。

相手の状況は把握出来るようにしておく

連絡を取らないとはいえ、知らない間に相手に新しい恋人ができていないか、状況は常に把握しておくようにしましょう。
相手の現状によってあなたの取るべき行動も変わってきます。

相手の状況を把握する方法としては、共通の友人にそれとなく聞いてみる、相手のSNSをチェックしてみる、などがありますので、 自分に合った方法を探しておきましょう。恋愛占いで相手の気持ちを占ってみるのも有効です。
うまく情報を活用することが復縁成功への近道となります。

専門占い師があなたの復縁をサポートいたします。
↓詳しくはコチラへ↓

復縁を目指す